ハーブウォーター

薬と糖尿病

糖尿病の薬と言えばインシュリン注射が一般的です。
腎臓機能が低下、または完全に機能しなくなってしまうことによって、糖分の代謝異常に陥ってしまい、血糖値が異常に高くなるわけです。
しかし、高くなった血糖値も体内でインシュリンが分泌されることによって、適正値まで下げることが出来ます。
これが糖尿病の患者はすい臓に異常があるために、インシュリンが分泌されないのです。
よって、注射によって体外から得なければならないということです。

そして糖尿病の薬は、インシュリン注射の他にも飲み薬があります。
すい臓の機能が残っている患者には、インシュリンの分泌を促す薬があります。
これは、糖を分解するのを助ける効果があるために、一時的に体重が増加するという副作用があるようです。

すい臓の機能が全く失われている患者の場合は、肝臓に働きかける薬の服用が求められます。体内で糖が作られる作用を抑えることで、血糖値を下げる効果があります。
この薬はインシュリンの分泌を促す薬よりも効果が弱い代わりに、副作用はほとんどありません。

その他にも体内の脂肪の燃焼を促すことにより、糖を筋肉によって消費することで血糖値を下げる薬もあります。
毎日の注射は大きなストレスになるでしょう。治療には飲み薬の方が楽であることは明らかです。
あなたの身体にとって最も効果的なものを医師に選んでもらいましょう。