ハーブウォーター

栄養士の食事指導と糖尿病

現代人にとって糖尿病は最も身近な脅威の一つです。
重度の糖尿病患者は、様々な合併症の原因となるためです。
まず、手足にしびれが出始めます。しびれは壊死の前兆であり、糖尿病によって足を切断したという話を聞いたことがある人も多いと思います。

また、網膜にも悪影響を与え、視力の低下や失明を引き起こすのです。
体の一部が不自由だと、将来的には要介護となる危険性もあるため、十分注意が必要です。
現代人はどうにかして、この脅威を回避しないことには今後の人生を豊かに過ごすことは難しくなるでしょう。

では、どのような対策があるのでしょうか?
最も簡単なのは栄養士に相談することです。
栄養士は食事のプロだけではなく、食事療法のプロでもあります。

なぜ、このような症状が続いているのかを食事の観点からアプローチし、改善策を提案してくれます。
また、その人の病気や症状の重さに応じて、最も適切な食事のアドバイスもしれくれます。
基本的に大きな病院には必ず栄養士がいるため、気になる人は相談してみることをお勧めします。

何よりも、自分の中で抱え込んでしまうのは最も悪い例です。
何事も分からないことがあればプロに頼るようにしましょう。
そして、身体に異常を感じた場合は直ちに医師に相談することをお勧めします。