ハーブウォーター

ハーブウォーターと糖尿病

皆さんは「ハーブウォーター」という言葉を聞いたことがありますか?
やや聞きなれない言葉ですが、ハーブティーと言い換えればピンと来るかと思われます。
ハーブウォーターには医学的に血糖値を下げる作用があります。
ハーブウォーターは、ポリフェノールが入っているものが効果的です。ポリフェノールはインシュリンと構造が似ているために、同様の効果が得られるのです。

主な効果としては、血糖値の上昇を押さえ、インシュリンの分泌を促す効果があります。
そのような効果から、糖尿病に最適な飲み物と言われているのです。
ハーブウォーターの種類は様々であり効能も様々あるため、自分にとって有益なもの同士をブレンドするのも良いかもしれません。

では、どのタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか?
血糖値が最も上昇するのは食後です。
よって、ハーブウォーターは食事と一緒に取ることが最も望ましいと言えます。
その他にもアロマ効果によって精神を穏やかにさせる効果もあるため、心にも大きな効果があると言えるのです。

ただし、ハーブウォーターには糖尿病を完治させる効果があるわけではありません。
普段の食生活の改善や適度な運動習慣の方が、糖尿病に対して効果が大きいことはいうまでもありませんね。
あくまでも、予防のためのもの程度という認識に留めておくのが良いでしょう。